2014/02/16

自分が「上」にいるという自覚が不満を呼ぶ!

2014.2.16 (日)

最近、ある方と会話をしていて、「ちょっと気分良くないなぁ・・・」 と感じている自分がいることに気がつきました。

相手は「自分のおかげでしょう」 という「恩」オーラ満載。

私は、それがどーもしっくりこない・・・。

あとで、じっくり考えたら

ほんとだなぁ、おかげよねぇと思い直すことができたのですが。

なんとも、攻撃的にお話をされる(と感じてしまう)と、どーも私の素直な受信機が受け入れ拒否状態になるみたい。

私は「売り言葉に買い言葉」というような「やり返してやる!!」 という相手に対しての思考回路はありません。

「伝え方」 本当に大事ですね!!


あとで思い返してみたら、

その方が言われていることは「ごもっとも」で、まったく「そのとおり」の私への助言でした。

なんで気分悪い・・・と私が感じたの? とじっくり自分の胸に聞いてみたら

私のやったことに感謝してない この人は!!

と、自分が高い「上」の方に座っていたからだわ (^_^;)汗

私は、大地のお役目。踏まれてなんぼでしょう。

一番下の踏まれる大地が私なら、教えてくださったことに「感謝」です!!

そうでした。

忘れていました。 危ない危ない。

言われたことは、今、一番必要な私へのアドバイスでした!!

気分が悪かったのに、逆に元気が出てきましたよ~~!!!


自分に聞いてみる(自分の心の声を聞く) って大事ですね、ほんとに!!

スッキリしました!!



コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。