2014/02/21

ジャネットリン選手の記憶

2014.2.21 (金)

今朝の浅田真央選手の演技、感動しました!!

泣きましたね~。

野球の新庄選手が以前、「記録に残る選手より、記憶に残る選手」 という表現をされましたが

今回の浅田選手の演技は、まさに「記憶に残る、素晴らしい演技」 でしたよね。

昔、ジャネットリンという選手がいました。

全然メダルは取れなかったのに、日本人の記憶にはしっかり残っている選手です。

その時にメダルを取った選手はいったい誰だったのか? 記憶はないですよね! (笑)

ジャネットリン選手のあの笑顔、忘れられません。

今回の浅田選手のフリーの演技は、忘れることはない、本当に感動しました!!

メダルが取れなかった、残念な結果なのに、この「感動」 

どん底の結果から、気持ちを切り替え、自分自身へ挑戦する姿、素敵でした。

「結果」 に感動があるのではなく 苦難を乗り越える姿、自分自身に挑戦する姿に感動がある!!ということを教えてもらえて、すごくうれしかったです!

感動をありがとうございました。

明日は、岡山セミナーに車で行ってきま~す!!

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。