2014/03/21

5月11日、松江のくにびきメッセで九州大学の島添隆雄先生とコラボします!

2014.3.21 (金)

今日はお彼岸。

雪が降って、急に冬に逆戻りしましたね。

連休なんだわ…ということ、昨日の夜に気がつきました。(あはっ)

健康に関して、「自分の足を運んで学ぶ」という機会が減ると、甘いものを食べる、冷たいものを飲む、腸を冷やす食べものが増える気がしませんか?

甘いもの、白砂糖の多く入ったもの、冷たいものが増えると、腸内細菌の悪玉が増えますから、大腸の働きが悪くなり、

鼻づまりや、便秘のもとになります。精神的にも落ちやすくなります。

これが、花粉症の原因にもなりますから、本当に気をつけなければ、これからもっとひどくなるPM2.5などの大気汚染に対しても免疫力が落ちてしまいますよ。

医者や薬しか、頼れるものがないなんて悲しすぎます。

自分の体は、もっと優秀に作られている、素晴らしい力をもっています。

花粉が悪いのでも、PM2.5が悪いわけでもなく、これからの時代は、より自分の腸をきれいにする、温めることを意識したいですよね。

甘いものを食べたり飲んだりした時は、ビタミンCやカルシウム、食物繊維のあるものを意識して食べるようにして、腸内環境を自分で調節して、回復させるよう、すぐ実行することが大切ですよね。

自分の主治医は自分自身であるように、これからも学び、実践し続けたいと思っています。

5/11(日)松江のくにびきメッセで、九州大学、大学院 薬学研究院准教授の島添隆雄先生のセミナーがあります。

その時、栄養のお話を私が担当させていただきます。

「クスリはリスクがある」という専門家のお話です。

何を学ぶか?

何を信じるか?

誰を信じるか?

何を実行するか?

自分の人生は、自分が主役。

自分の大事な命を、自分が主治医となって守れるように、

自分の家族も、ご飯を作る者が主治医となって守れるように、

自分の足を運び、学んで行動に移していきたいと思います。

後の世代に伝えていくために!!!







コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。