2014/04/07

小さいことを積み重ねる!

村山幸徳先生(九星気学)に教えていただいた「日盤吉方取り」

毎日変わる「日盤」を、気学のカレンダーで確認しながら、自分の最大吉方などの方位に移動して、

そこでコーヒーなど、その方位で熱を加えたものを飲む(冷蔵でも熱を加えたことになる)という「日盤吉方を取る」行動を、ほぼ毎日のようにしていると、これも「習慣」になってきました。

初めは、「そんなことして、なんの御利益があるのかなぁ?」と思って実践しませんでした。

私たちが日々やっている「健康運動」という商いのお仕事。

これは、予防、健康を守ること、増進することに力を入れているんですよね。

毎日続けること、小さな積み重ねの結果、「健康」を受け取る。

日盤吉方を取るという、小さな行動の積み重ねの結果、行動に移すという速度が速くなりました。

方位にも、そこに廻座している星が変わるので、その星の性質によって、受け取れるご利益は違うのですが、

なんといっても、いつも「行ってみよう!」 「やってみよう!」と思い立つ速度が速くなっている実感があります。

また、肯定的に、柔軟に物事を受け取る、素直な物の見方が身についている気がします。

持って生まれた性分で、行動が早い星の方もおられますが、

私の本命の「二黒土星じこくどせい」という星は、コツコツ地道に努力することは得意でも、行動するのが遅い

いわゆる「グズ」が多いと言われ、お先にどうぞ~!という感じがピッタリの星。

ですから、毎日積み重ねることで「勝ち取っていく」必要がありました。

決断が早くなる、イコール軽率な行動になってしまったらいけないのですが、

やっぱり限りある命(人生)ですから、行動に移すことがとても大切なこと。

これが「信頼」にもつながると感じます。

小さなことでも、まず、やってみよう!とすぐ思えるクセをつけていただいたことに、心から感謝しています。







コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。