2014/05/17

やっと感じることができた瞬間を忘れません!!

2014.5.17(土)

先日の村山幸徳先生の気学塾の時に、

感動して、心が震えた~~~!!!!と鳥肌がたったこと!

それは

テレパシーというものを、初めて「わかった」「感じることができた」自分で「自覚できた」からです。

目が合って 「今、テレパシー飛ばしたのが、わかった?」 「わかった」 というテレパシーの会話を、初めて体感できたからです。

これは、以前、妙珠先生がいわれていたことで、私も感じてみたいなぁ…と思っていました。

「呼ばれる」という実感を、初めて感じたのです。

これは周波数を合わせることができたということなんでしょうかね。

だから、やっとそこに行けたぁ~~!という喜びで、心が震えました。

今までは、○○しなければいけないとか、計画を立ててそれにのっとって頑張らなければいけないとか

それが苦手なんだよねぇ…と思って、目標が明確でないから行動ができないんだとか

リーダーとして、指示もできていない、方向性を示すこともできていない、計画性もないとか…

自分にダメだしをして、リーダーとしては「不合格」と感じていました。(すみません)

でも、テレパシーを感じた瞬間に、「心を静かにする」と、これをやりましょう!ということがわかるのだということがわかったのです。

文章にすると、なんだかわかりにくいですけど、そういうことです

もう~~~感動して、心が震えたのです。

心が震えるとは、こういうことだったのだぁ~~!!と本当に嬉しかったなぁ。

人間の思考で考えることをはるかに超えているんですね!

自分の思考が邪魔をしていた感じですね。

自分が「通り道」になれるように、心をきれいにお掃除しますから!!

皆様のお役に立てる私になります



コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。