2014/05/20

私はどんな「声」だと言っていただいたでしょうか?

2014.5.20(火)

今日は、岡山の矢野照美先生と髙石和美先生の「ジョイ教室」に参加してきました~♪

今日は、もう 「満足」 という言葉しか思いつきません。

そこに皆さんと一緒にいられるだけで十分という充足感です。

最高の空気感です

例えるなら…

夏、海でいっぱい泳いで遊んで、あったかい砂浜でスイカをお腹いっぱい食べて、そのまま寝そべって海を眺めている…

「気持ちいいなぁ~」と言いながら…。

そんな感じですかね~。

今日のジョイ教室に参加されているみなさんお一人お一人の、「声」の印象について、

矢野先生と髙石先生から、一人ずつメッセージカードに書いてプレゼントしていただきましたよ~!

自分の生命エネルギー、生きた波動が、最も顕著に現れるのが 「声」だと教えていただきました。

だから、伝えるときに、いい波動を送るために、「声」は重要なんですね!!

癒される声、包んでくれる声、重厚感のある声、頼りになる声

朗らかな声、元気を注入できる声、真実の愛を伝える声とか…

人によって様々でしたね。

さて

私はどんな「声」だと言っていただいたでしょう?

その答えは
 
・・・・・・・・

口を開けば山が動く、実践を促す、気づきを与える声ですよ!というお言葉でした~!!


ありがとうございます

それをメッセージカードにしてくださったので、手帳のカバーに入れて、いつも目にしていたいと思います

また、来月も、楽しみにしておりますよ。



コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。