2014/06/01

自分の言ったことが返ってきました~!

2014.6.1(日)

今日は、うちの長女がお世話になっている施設「桑の木園」の保護者会の総会に出席しました。

保護者会に会費があるのは当然で、年払いでお支払いします。

それとは別に

保護者の人たちが出資してお金をみんなで貯めて、土地を買ったり、施設を建てたりするときの資金にするという

基金のような積み立ての会計があります。

私は、この主旨がよくわからなかったので、今までお支払いしていませんでした(すみません)

(自由選択でしたし、金額が太かったので…)

でも、今日、施設の理事長のお話を聞いていて

「先を見越すことのない親、目先のことだけ考えている、自分のことだけを考えている親・・・」

というお話や、

この施設は、サービスの向上を常に考え、保護者からの意見(ニーズ)は何でも聞こうという考えです!

というお話、また、QOL(生活の質)の向上を考えているから、

施設になぐりこみをするくらいの気持ちで、ニーズを訴えてほしい!!

受身で話を聞いていたらダメです!!と言われるのを聞いて

自分たちの子どものことだけではなくて、みんなのこと、

これから入ってこられる、若い子どもたちが、幸せに暮らせる土台を作って

先につなげていくためにも、この積み立ては大事なんですというお話!!

納得です!!

即、会費を積み立てていただく会の仲間入りをさせていただきました。

(ほとんど皆さん入会されていたのです、びっくりしました)

施設を拡大し、継続していく背景には、一人一人の目には見えない「まごころの積み立て」があったということを知りました。

施設ができて40年という長きにわたって、皆様の大事なお金をみんなのためにという主旨のもと

会を運営されてこられた皆様のまごころの歴史の上に乗っからせていただいていたのが、私だったのですね~。

私たちのミキ商品を通してのお仕事も、

好きなものを好きな時に、腹いっぱい食べて、

病気になったら、あたりまえのように医者にかかればいい・・・

そうではなくて

今だけのことを考えるのではなくて、

自分のことだけを考えるのではなくて

未来の自分のことだけでなく、家族だけでなく、まだ見ぬ未来の人たちの健康のために

「健康運動」というお仕事をさせていただいているのが「私」だったのでしょう!!

人の努力の上にちょこっと乗っかる、苦しい思いはしない…

そうじゃないよね!

と言っていた私に、このことば「返って」きました~~!!!

最近、「信頼できる人」が私の周りにドバ~っと増えたのです。

あら!!

これは、ただ、

私が周りの方を「信頼すること」ができたからなんだ!!と気づきましたよ。

やっぱり、鍵は「自分」が握っていました。 チャンチャン!







コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。