2014/06/20

いのちが喜ぶ生き方

2014.6.20(金)

今日は、ミキグループ浜田の集いです。

今日は、私は、「祈る」一日にしようと思います。

先日、いい本に出会いました。

「いのちが喜ぶ生き方」

東京大学医学部教授の矢作直樹(やはぎなおき)先生が書かれたご著書です。(青春出版社)

「いのち」が喜ぶ生き方「いのち」が喜ぶ生き方
(2014/05/21)
矢作 直樹

商品詳細を見る


「今」に感謝して「今」に生きる

満ち足りた人生を送るヒントを、東大医学部附属病院の救急部・集中治療部部長の矢作先生が発信してくださっていることが、なんともありがたい。

医者にかかるな、、、という極端な内容ではなく、心が清らかになる感覚がありました。

本の中には

祈りが治療に及ぼす影響は、多くのエビデンス(証拠)が報告されている。

祈るという行為は、本来、宗教とは関係ありません。

感謝、願い、苦しみからの解放、

祈りは多くのエネルギーを一心に集める行為 です。 と書かれています。

祈り以外の意識エネルギーについては

笑いが免疫力アップに貢献するという有意な結果が出ている・・・

霊性を理解すれば、悩みが消えていく・・・

この本を読みながら

矢野照美先生のもとで、霊性について学ばせていただき

日常に使えるようにしていただいていることに、またあらためて感謝が強くなりました。

ありがとうございます。

今日は、私は「祈る」ことに意識を置きたいと思います。

皆様、お待ちしています。


コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。