2014/07/05

ここだ!という瞬間を感じて、言葉にして伝える力

花まる学習会代表 高濱正伸氏のインタビュー記事に

仕事の究極の目的は、「次世代の育成」だと書かれていました。

試験に通すのが塾の講師の仕事なんだから、それ以外のことは考える必要はないと

講師室で割り切って考えている人が多かったと。

自分が子どもたちを自立させる教育をやろうということで、花まる学習会を作られたそうです。

子どもたちが、主体的に考える力を伸ばす教育

本当に納得いくまで食い下がり、自分で解くことにこだわる「しつこさ」

そして

小学生時代に一番大事なのは

「おお~~~!!」と心の底から賞賛を浴びること!

そして、先生はその瞬間を逃さず、子どもの素晴らしさを言語化してあげる

そうすると、みんなのその子を見る目がガラッと変わる!

「心の底から自信を持つ体験」をさせてあげることがいかに大切か!ということが書いてありました。

だから、先生には、ここだ!という瞬間を感じる力が求められている!

私も本当にそう思いますね!

自分がそのようにできているか?と考えると、まだまだだなぁと感じてしまいますが

心の底から自信がつく、その瞬間を逃さず、言葉にして伝えていこう!

それが、私のお役目だと思います。

「致知」という月刊誌に、この記事が出ていました。

今、手元に「致知」があることに、感謝します。

お・か・え・り・な・さ・い



コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。