2012/06/30

今日は超ミラクル!!

6月30日土曜日

今日は、大田あすてらすホールで、平成24年度 児童福祉施設調理担当者研修会があり、私は午前の講義を担当させていただき、11:00~12:30まで、「人間の成長と食とのかかわり」と題して、お話しさせていただきました。

今日はミラクルミラクル超ミラクル!!!でしたよ~!

何がミラクルだったのか???


午後の講義を担当された、帝塚山大学現代生活学部食物栄養学科 准教授 野口孝則先生にお会いすることができたことです!!!


なんと!野口先生、あの家森幸男教授が京都大学を退官される時の、最後のお弟子さんというか、教え子だったんだそうです!!

管理栄養士・臨床検査技師・京都大学博士(人間・環境学)で、日本栄養改善学会、日本栄養・食糧学会、日本労働学会、日本高血圧学会、日本臨床栄養協会(評議員)、高血圧関連疾患モデル学会(評議員)等。

とっても親しみやすい、優しい先生でしたよ!1973.4月生まれの39才


あの家森幸男教授が、長寿の研究で世界各国を回られた時に、一緒に同行されていた先生だったのです!!

一気に親近感ア~ップ!!

タンザニアでの記念写真



真ん中の一番後ろで、壁に同化している(?)白髪の方が家森(やもり)幸男教授で、野口孝則先生はその右に左手を上げて写っておられる方です!!
今日の資料に載っていた写真をアップさせていただきました。


こんなこと、あっていいですか~??

ミキグループはその研究にかかる資金を寄付をさせていただいていたことで、特にご縁が深い、特別な先生なんですよね!!島根医科大学におられた時に「高血圧ラット」を作られたことであまりにも有名な先生ですもんね!!


以前、WHOフォーラムin京都があった時に、家森教授のお話が聞きたくて、私も島根から参加しましたが、その時野口先生はスタッフとして、受付におられたとか。

ずいぶん昔に出会っていたのですね~!ありがたいありがたい。

あれから長い年月を経て、こんな形で、こんな近くで、野口先生にお会いできた奇跡に感謝します!

野口孝則先生とともに

ブログにお写真出させていただいてよろしいでしょうか?とみなさんに了解を得て、アップさせていただきました~!!

野口孝則先生の研究室のことをほんの少しですが、ご紹介しましょう!

「保健・医療・福祉・教育における実践栄養学」

「美味しさは人間の体とこころを健康にする」

・ライフステージに応じた健康づくり活動・食育

・栄養管理と食事サービスの機能的な連携について…などなど

特においしさを感じる人間の感情(喜び・感動)が健康に与える効果について研究されています!

さすが大学の先生(博士)です!多くの調査結果を裏付けデータとしてお持ちです。


また、ぜひお会いしたい№1の先生でした~!

会場の控室には、きれいなお花がさりげなく飾ってありました!写真だと大きく見えますが、手のひらサイズの小さな花器です。

テーブルのお花

入れていただいた熱いお煎茶がとってもおいしかったです。

大変お世話になりまりました、ありがとうございました~!


大田から帰りに、石見智翆館高校に息子を迎えに行ったら、黄色いカンナの花が高校に上がるところに咲いていました!!

黄色いカンナ



家に帰ったら、玄関の小さなブリキのジョーロに、かわいい小さな花がいっぱい咲いていました!

満開!!


小さいので、なんかとってもかわいいですよね~!

今日もいい一日でした!!ありがとうございました。

明日は、久しぶりのお休みです!湯里の瀧光寺に行って来ま~す!

それでは、今日はこのへんで~!

また明日!

















コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。