2014/07/29

生きている ただそれだけでありがたい!

今朝、プルーンを届けに伺ったお宅で

50才になられた(看護師をされていた)娘さんが突然、亡くなられたというお話を聞いて

私も子どもの頃から知っている方でしたので

涙が止まりませんでした。

元気で働いておられて、笑顔のいい、看護師を天職のように思って、笑顔で働いておられた方でした。

膠原病の菌が肺に入って、息ができなくなったことが原因で、あっと言う間に死んでしまったと…。

でも、持病があったということはなかったと言われて、元気に働いておられたそうです。

まだ亡くなったことが信じられない…と、可愛らしい笑顔の遺影を一緒に見ながら泣きました。

人の命は本当にわからないものです…。

今、こうして生きているという、そのことこそに感謝して生きなければ、なくなった方に申し訳ないと痛切に感じました。

また、別の方の26才のまだ未婚の一人娘さんが肺がんで亡くなられたことや

別の方の30代の息子さんが、肺がんで治療の余地がない状態だという話も聞いて帰りました。

・・・・・

こんなに苦労したとか、嫌なことがあったとか

そんなことに意識を向けている時間などないですね。

今、この命がある大事な時間を、不平不満など、この口から発して毒をまいたらいけませんよね。

感謝の時間を過ごしたいです!!





コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。