2014/08/15

評価されないことの有り難さ

今から10年以上前に、「食育がやりたい」と前世とかをみてくださるK先生にお伝えしました。

その時に、K先生に

「山口さん、それはお金になりますか?」と聞かれ

私は

「いいえ、先生、お金にはなりません」と言いました。

その時、K先生が

「では、大いにやりなさい」と言っていただいたんですよね。

それで、まずは自分の子どもがお世話になっている保育園に

保護者の立場ではありましたが、食べることはこんなに大事ですよ~という話を

まずは、(私の2才の子どもも含めた)乳幼児の皆さんにお話させていただけませんか?とお願いしたのが

食育活動の始まりでした。

次第に、保護者の方にお話をさせていただくようになり

小学校の養護教諭をしていた姉が、学校と縁をつないでくれたりして

小学校、中学校、高校…とつながって、講師料がいただける今に至っています。

ミキグループの中では、商品が伴わない活動ですから、疑問に思われることもしばしば…

でも、ミキグループで学んできたことは、一般の皆様には「知らないもの」ばかりということがわかって

ミキグループの活動で「嫌だな」と感じてきたことも、すべて含めて、

ミキグループの代理店になって学んできたからこそ、食育活動ができる自分にならせてもらえたんだな!と

感謝の気持ちがよりいっそう深くなりました。

K先生は

山口さんには、打算的に考えて動くのではなく

まず、社会に自分の身を投じる

社会に貢献することを体験して欲しかったのです

と言われました。

あの時「大いにやりなさい!」と言っていただいて、今があります。

本当にありがたいことですよね~。

いつも心から感謝しています。







コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。