2014/08/17

昨日の番組、泣きました!!

夕べ、NHK特集「自閉症の君が教えてくれた事」世界の家族を救った一冊の本という番組を見ました。

自閉症の東田直樹さんが、「自閉症の僕がとび跳ねる理由」という本を7年前に出版

それを、アイルランド在住のデイヴィッド・ミッチェル氏が翻訳したことがきっかけで、

今では世界20カ国以上で翻訳され、ベストセラーにいなっています。

ミッチェル氏にも自閉症の息子さんがおられて、

東田直樹さんの言葉を聞くことで、喋られない息子の心の声を聞くことができた

世界中の自閉症の子どもを持った家族が、子どもの気持ちを読み解く手立てになったのです。

うちの出雲に住んでいる姉たちが娘家族と一緒に15日に来てくれた時に、

自閉症的なところもあるうちの長女と一緒に談笑した時間がありました。

それがなにか印象に残ったか、つながったのか?

昨日の夜に、姉から「桂子(娘)が、NHKの夜11時から、いい番組するよと教えてくれたよ」とメールをくれたのです。

ちょうど主人もそばにいたので、一緒に2人で見ることができました。

すぐ、主人がAmazonで本を注文していました。

障がいを持った娘について、主人と私の思いが一緒であることが最近本当にうれしいのです。

番組の中で、自閉症の東田さん(現在20才)が

子どもにとって一番嬉しいことは

親の笑顔と、自分を受け止めてくれる場所があることだという話を聞いて

涙が溢れました…

そして、

親にどうして欲しいと思っているか?という質問に

今のまま、そのままで十分です!と言ったところ

泣きましたね。

そして、嫌なことは

人の視線が自分を刺すような目で見ること

私たち親が嫌だと感じるのと同じように、本人も感じていたんだなぁと分かりました。

そして

この番組を見て

同じ親の立場で、感動し、涙が流せる境遇であったこと

共感できる今に、心から感謝しました。

・・・・・・

昨日は、障がいのある娘も一緒に、あかねの彼と子ども達が顔合わせをしました。

座敷でゆったり食事をしながら、大笑い大笑い!!失敗談で盛り上がりましたね~。

「結婚式にもお姉さんですから、さおりさんも出席してください、もちろんですよ!」と彼に言ってもらって

本当にありがたかったです。

たくさんの喜びをいただいたことに、心から感謝します。

これから、末永くよろしくお願いいたします。






コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。