2014/09/27

苦手なこと、難しいことは、脳の柔軟体操!

8月の終わりに、村山幸徳先生の箱根特別研修に行ったときに

苦手だなぁと感じることや、我慢しないといけないことなどは、

苦手だと思うのではなく、「脳の柔軟体操したのよ~!」と思えばいいと

村山先生に教えていただきました。

娘の結婚の準備に関することなど、わからないことばっかりで

少々お困りモードに突入しておりました…。

そうだったね!

苦手なこと、難しいことをこなしたら、脳の柔軟体操になって

あらゆることを笑って受け入れられる私になれる準備体操だったね~。

そうそう

へたってるなぁって、自分のことをイメージしていましたわ…

元気復活!

ありがとう~~~!!!!

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。