2014/10/30

全寮制のキリスト教愛真高校に行ってきました!

毎年お話させていただいている全寮制の学校、キリスト教愛真高校に今年もおじゃまさせていただきました。

ここは、毎年思うことですが、生徒の皆さんの聞く態度が他と全然雰囲気が違います。

ものすごく真剣にノートを取りながら、話を聴いてくださるのです。

だからといって、笑わないか?といえばそうでもなく、しっかり反応して笑ってもくださいます。

実直というのか、清楚というのか、本当に聞く態度が素晴らしいのです。

全寮制で、自分たちが毎日食べている食事を作る当番もあるので、

実践で身につけることもできます。

またまた今年も、手作りのお土産をたくさんいただきました。

この手作りふりかけは、いろいろな材料で作られています。

手作りふりかけ

ビンのふたが、ミキプルーンのふたで、それもまたうれしいじゃぁあ~りませんか!(笑)

梅ジャム

手作りの梅ジャムです。

この愛真パンは、全粒粉でくるみやレーズンなども入っていて、どっしり重たい食物繊維いっぱいの食パンです。

愛真パン

いつも、心のこもったお土産をいただき、本当にありがたいです。

また、必ずお礼に「歌」をアカペラコーラスで聞かせてくださいます。

自分たちが歌を歌う「行動」でお返しをするというのが、この高校ならではです。

女子も男子も、声がとてもきれいで、上手にハモっておられます。

私を囲んで、私だけのために歌って下さるという、なんともうれしい、ありがたいひと時でした。

お昼は、生徒の皆さんと一緒にお話をしながら、食堂でご飯をいただくのが、またうれしい!!

また呼んでくださいね~と言いながら、学校を後にしました。

またお邪魔させてくださいね~!よ・ろ・し・く~!



コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。