2014/12/07

大正3年生まれのおばあさまの素敵な言葉

今日は、邑智郡邑南町中野にある、中野中央自治会館でハッピークラブさんの会合に呼んでいただきました。

毎月1~2回ミニデイの集まりをされているそうで、年末と年初めは一緒にご飯を食べたりして

皆さん楽しく集われるそうで、私もお話させていただいた後に、一緒にご馳走を食べさせていただきました。(25人くらいいらっしゃいましたかね)

ちょうど私の隣に、大正3年生まれというおばあさまが座られたので、いろいろお話を伺っていると

ありがたいとか、うれしいとか、楽しいとか、とにかく言葉がプラスなのです。

一人でお住まいのようでしたが、柚子の皮を煮て、皆さんに振舞われたり

アクリルたわしを編んで、皆さんに使ってもらおうと持ってこられたり

皆さんのおかげでこうして元気におられるのです、今日も朝から楽しみでね~と

ありがたい、ありがたいと、手を合わせて拝まれるのです。

その笑顔と、しゃべられる言葉、しぐさが何とも可愛らしいのです。

皆さんに食べてもらうのが嬉しい、編み物も皆さんに使ってもらうのが嬉しいと

嬉しいという言葉が笑顔とともに口からあふれておられました。

感謝の言葉と笑顔が溢れた皆さんの輪の中に、私も入れていただけて、

今日は、本当にありがたかったです。

私に対しても、「ありがたい、ありがたい」と手を合わせて拝まれましたよ…

「今朝は、まだ暗い時にちょうど寝床の中から、満月がずっとお出になったのが見えて

山に隠れるまでず~っときれいに見えてなぁ

それはそれはきれいでなぁ、本当におかげさま、おかげさま

ええものを見させてもらってなぁ、本当にうれしかったですよ」

そう言って、笑顔で嬉しそうに手を合わせておられました。

103才、お手本だなぁと感じさせていただきました。

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。