得意なこと良し、苦手なこともまた良しですね!

2014/ 12/ 22
                 
今日は、夕方18:30から、クッキングの実技研修会に伺います。

私は、はっきり言ってお料理は、得意ではありません。

苦手です(・・;) ふぅ

今日はクッキングですから、少々神様のお力をいただきたく思いまして…

ちょうど恵方参りの日でしたから

雪の舞う中を、井田の松尾八幡宮にお参りに行きました。

天と地を指さしながら、神様お力をお貸しください、しっかり働かせていただきます

とお祈りしました。

日盤吉方取りも、そのまま温泉津へ回って行くことができました。

今日は、お料理のお仕事ですから、

ちょうど七赤金星の吉方を取ることができましたので、今日の研修は楽しくできますよ~♪

「〇〇は苦手」という意識は、すっごく気分を重たくしてしまいますよね。

でも、ちょっと考え方を変えてみると

苦手だから、うまくいくようにいっぱい勉強したり、下調べをしたりして、努力してませんかね?

と、ふと思ったのです。

楽々とできることは、楽しくできるのに、どうも苦手なことはストレスがかかって、引き受けるのは嫌だなぁと思っていましたが、これが結構「苦手だと努力がおまけでついてくる」という感覚で受け止められるようになりました。

この前、ラジオを聞いていたら

日本人は、思い通りにならないことを大事にしてきた民族なんですと言っていましたね。

苦手意識は、うまくいかない不安な思いがあるからですもんね。

うまくいくことだけが「良し」ではなく、うまくいかない、思い通りに行かないこともまた「良し」

そこから新たな「発見」、「道」を見つけ出すことができ、

今まで感じたことがなかった新たな喜びに出会えるチャンスも隠されていると思うと

苦手なことには新たな「歓びのおまけ」が付いてくるって感じで、

苦手っていいもんですね~。

苦手さん、ありがとうですね

彌榮 彌榮





                 

コメント