2014/12/23

クッキングの実技研修、無事終わりました!

昨日は、三隅保育所で、岡見保育所の先生方と合同のクッキングの実技研修に伺いました。

2つの土鍋で5合ずつ炊いたご飯が、ツヤツヤふんわりで、メチャメチャ美味しくて、大成功でしたね~*

本当によかったです。

ご自宅から土鍋や野菜をご持参くださった先生方、ありがとうございました。

ダシも、かつお、昆布、いりこの三種類を別々に取って、

それぞれ試飲用のカップで飲んでから、お醤油をテキテキ落として、

塩気と旨みが合わさると美味しくなる、その違いも子どもたちとクッキングするならどうやるか?

野菜の切り方、豆腐の手切りの仕方など、子どもの役になったり、先生になったりしながら

子どもの気持ちを知る、子どもは先生からどう導いてもらうと楽しくできるのか?など

料理を作るのを目的にせす、本物の材料を使って、

子どもに対する言葉がけ、大人の心得などを中心に実習しました。

私も初めてのことで、これでいいのか?と思いながらの実習でしたが

先生方も初めての試みということで、いろいろ気づいてくださったと思います。

8月に食育講演会でお話を聴いていただき、今度は実習と、

2回に渡って講師としてお呼びいただき、本当に心から感謝致します。

ありがとうございました。

21時をすぎての終了でしたから、家に着いたら22時を過ぎていましたが

すごく充実感があって、爽やかな心境で、まったく疲労感はありませんでしたね~。

土鍋で炊いたご飯のおにぎりを2ついただいて帰ったので、息子にも食べてもらいましたが、

すっごくうまい!!と絶賛でした。

あ~~~よかった。

三隅保育所、岡見保育所、どちらも来年2月に、保護者参観日でお話させていただくことになりました。

本当にありがとうございます。

来年も引き続き、よろしくお願いいたします。

彌榮 彌榮



コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。