2015/01/04

善意だと思うから腹が立つのよね~。

今朝、ワクワクしながら荷物を詰める作業をしていて、ふと思ったのです。

好きなことなら疲れないし、ワクワクするし、忙しくても嫌でもないし腹も立たない。

今やっていることが、善意とか、親切でしているんだと思ってやると、

どうも相手の反応が悪いと腹が立つような?

自分が好きでやっているんだという意識ですることなら、相手の態度が悪いなんて気にならないんだなぁと感じたんですよね。

情報を発信する時、みんなに平等に…分け隔てなしに…とか思うから

疲れるんですよね、それも自分で勝手に相手に失望するんですよ。

してほしいとも言われていないのに、自分が勝手にやっといてね~。

笑っちゃいましたよ、自分で。

だから、平等は有り得ない。(今頃気がついてます)

私が渡したい人に渡します。

私が伝えたい人に伝えます。

好きだからやれる。

好きだから疲れない。

反応の悪い人が悪いわけではなくて、自分が好きになってなかっただけでしたね~。

こりゃまた失礼いたしました~*

彌榮 彌榮





コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。